カテゴリ:2009.07.17〈假屋崎省吾〉( 1 )   

假屋崎省吾/華道家、花・ブーケ教室 主宰   

假屋崎省吾(かりやざきしょうご) 大切にしている言葉“かきくけこ” 

       今週も假屋崎省吾さんとともに。楽しいお話の続きです。

               ピアノでCDデビュー!

f0207537_20592217.jpg小さい頃から習っていたピアノ。数年前、家を建てたのをキッカケに「老後のボケ防止になるかしら」と思い、グランドピアノを購入。それきっかけに、東京文化会館でピアノを弾くことに。そのために猛練習。今度はそれがレコード会社の方の耳に止まって、何とCDデビュー!小さい頃の夢が、ほんの少しだけど実現できた!!!

ピアノは、「ずっと傍らにあって、自分の血となり肉になり細胞になっているもの」。美しい音楽からたくさんのインスピレーションを貰っている。視覚、聴覚…五感だけでなく、第六感までを活かしている感じ。大好きな音楽が創造力を掻き立ててくれる。060.gifワルツ第9番 変イ長調 Op.69-1「別れ」(ショパン) 060.gif「愛の挨拶」Op.12(エルガー)
演奏/假屋崎省吾

一歩一歩の積み重ねが、“夢”を実現できた原動力。“人生は花と同じ”。土を作り、種や球根を蒔き、水をあげ、双葉が出て、本葉が出て、だんだんすくすくと伸びて、ちょっとつぼみの片鱗が見えて、つぼみが膨らんで、花が咲く。人もそんな風に愛情を込めて育むことが大切。そして、悔いのない生き方をすること、思いやり、素敵な人とのたくさんの出会いに感謝の気持ちを持つことを大切にしたい。

これからの夢は、もっとピアノが上手くなりたい。世界中のいろいろなところに行きたい。そして世界文化遺産みたいな素敵な建物や空間に花を生けること。。。色々な人に、花を見ていただいて、感動してもらえるような花を活けていきたい。“花から始まるライフスタイル、花は心のビタミン” コップ、お茶碗、身のまわりにあるものに花を一輪置いてみる、そんなライフスタイルを広めて行きたい。

 葬儀の花をプロデュース。人生の最後を、心を込めて送り出してあげたいから。「父の葬儀のとき、とんでもないお花が届き、どうしてこうなるのかなあと。だから「プレステージ・ライン」には、その方らしい雰囲気のお花で送り出してあげたいという想いを込めた。白を基調とした滑らかな曲線が特徴。

f0207537_20583495.jpg 「花の都パリを旅する 假屋崎省吾敵地球の歩き方」(発売中)

フランス広報大使として、假屋崎さんが全身全霊を注ぎ込んで作ったパリ・ガイドブック。 昨年12月に取材。パリの市内から郊外まで。写真がとても奇麗です。アーティストの視点で捉えた新しいパリ!!!



  060.gif愛の賛歌/エディット・ピアフ Edit Piaf
思わず口ずさみたくなる歌。「美輪明宏さんと出会い、シャンソンを聞かせていただき、パリが好きになって、本場のシャンソンも聞いたけれど、なんといってもエディット・ピアフ。昨年の冬、ペル・ラ・シェズ墓地にピアフのお墓参りに行った。エディット・ピアフのお墓は色々な人があとからあとから訪れて、バラの花でいっぱい。愛の賛歌の美しいメロディは夢の中にいるような幸せな気分になれる。
 
f0207537_21132145.jpg   
   〈「浜松国際ピアノコンクール」関連記念イベント〉
  「ピアノと花の華麗なる世界」 横山幸雄・假屋崎省吾
         10月14日(水)
       浜北文化センター大ホール 
  
    
    横山幸雄さんは、バンクライバーンコンクールで優勝した辻井伸行さんの先生。
       ピアノの音色とともに一本一本花を生けて舞台を花で満たします。
           ほかにもイベントや展覧会多数。

         
         〈大切にしている言葉〉かきくけこ
             
            か 感謝をすること 感動すること
            き たまに「緊張感」をもつこと
            く 寛ぐ
            け 健康 決断
            こ 好奇心


        ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

「毎日の生活、地に足をつけて、一分一秒を大切に生きる。メリハリのある楽しい人生。百を超えるまで生きたいですね。生きていれば楽しいことがたくさんありますよ。」と話された假屋崎さんは、とても繊細な気配りをされる方でした。一つことに打ち込む強さと、優しいあたたかさを持つ方。そして玉手箱のような豊かな感性に溢れる方でした。
[PR]

by crossroadmidori | 2009-07-17 21:27 | 2009.07.17〈假屋崎省吾〉