カテゴリ:2009.10.09(稲本正)( 1 )   

稲本正さん(オークヴィレッジ代表取締役)   

私の大学の先輩でもある稲本さん。とても気さくで雄弁な方で、OAされていないところでも、楽しいお話をたくさん聞かせて頂きました。


大切にしている言葉心に緑の惑星を

f0207537_1539117.jpg

28才でスッパリと物理学者の道をあきらめて、
飛騨高山へ。

35年前に飛騨高山にて、
   「お椀から建物まで」
   「100年掛かった木で100年使える物を」
   「子ども一人、ドングリ一粒」

の3つの合い言葉でオークヴィレッジを設立。

物理学者を目指していた大学時代。でも、「物理学は天才の学問。25才までに新しい発見がなかったらダメ。ダメなときは止めた方が良い」ということで、28才のときに飛騨高山へ行き、木で物を造るという、まったく違う世界に飛び込んだ。その頃「地球環境がダメになっていくということが分かっていたので、地球環境に貢献できることを始めたい」という思いから、オークヴィレッジを設立する。

オークヴィレッジのHP
http://oakv.co.jp/index.html



お椀、家具、家から、アロマにも取り組む。
オークヴィレッジでは、合い言葉の通り、木でお椀、家具、家までを造っている。
そして今年、アロマを商品化。爪楊枝の材料になる「クロモジ」という木の香りが、ローズウッドとほとんど同じ事を発見。山椒は柑橘系のとても良い香りがでる。その他十数種類のアロマを日本の木から抽出して商品化した。
それが、オークヴィレッジから9月26日に発売された「結香」(yuica)
f0207537_14575744.jpg


yuicaのホームページ
http://www.sei-plus.com/



オークヴィレッジは世界へ。
友人である永六輔さんに、オークヴィレッジじゃなくて日本語の名前にしなさいと言われていたが、当時から世界中に発信することを考えていた。「yuica」はアメリカと共同開発したもの。はじめから海外に出ようと思っていた。日本人が良いと思うものは、世界でも認められる。「yuica」も、海外での評価が高い。
地球の環境が変わって、人の気持ちも壊れてきている。だから人間が豊かになるような仕事を続けたい。自然とふれあい、自然から造られた物を使うと、心が平らになる。

f0207537_145855100.jpg同じ長さなのに音が違う木を使った木琴を発売。見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう。まさに「五感で楽しいオークヴィレッジ」を実現しています。






f0207537_14553548.jpg



~稲本正さんが選んだ癒しの3曲~

f0207537_15405455.jpg明日に架ける橋♪ (サイモン&ガーファンクル
「橋のたもとがどんなに荒れていようとも、橋を架けよう」という歌詞が、飛騨高山で仕事を始めたときの心境にピッタリの曲。
アルバム「明日に架ける橋」より。





f0207537_15412376.jpgPlease Mr. Postman♪ (カーペンターズ)
この曲はもともとビートルズの曲。ビートルズが好きで、ずっとマッシュルームカットだった。今回のリクエストはカーペンターズのプリーズミスターポストマン。カレンの声が独特な響きで癒される。いつも仕事しているけど、その合間の安らぎたいときに聴く曲。




f0207537_1543133.jpgジュピター♪ (平原綾香
癒されつつ、気持ちが宇宙に広がっていく曲。
デビューアルバム「ODYSSEY」の中の一曲です。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]

by crossroadmidori | 2009-10-09 16:26 | 2009.10.09(稲本正)