カテゴリ:2010.01.22(高良結香)( 1 )   

高良結香さん(ブロードウェイアクター・シンガーソングライター)   

今週のゲストは、「コーラスライン」をはじめとする数々のブロードウェイ・ミュージカルに、アクターとしてご出演されている高良結香さん。シンガーソングライターとしてもご活躍で、今回はなんと本邦初公開の新曲をスタジオでアカペラ披露してくださいました!
f0207537_14444195.jpg

「日本が世界に誇れる日本人の一人!」
・・・ってご紹介したら、キョトンとされていた高良さん。しかし、高良さんと言えば、映画でも知られるあの「コーラスライン」のブロードウェイ公演で、3000人の応募者の中からわずか19名が選ばれるという苛酷な戦いを勝ち抜いて役を掴んだ、ずば抜けた実力の持ち主なのです。2006年に行われた、その公演のオーディションの様子は「ブロードウェイ♪ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢~」というドキュメンタリー映画になって、日本でもリリースされています。雨の中、傘を持ってオーディションに並ぶ沢山の人達や厳しいオーディションの様子がリアルに描かれているその作品は、オスカーの長編ドキュメンタリー部門の候補に挙がっているそう。高良さんは、その他にも「マンマ・ミーア」や、宮本亜門さん演出の「フラワー・ドラム・ソング」「太平洋序曲」、日本でも大人気を博した「RENT」にもご出演。まさに日本とアメリカを股にかけて活躍されています。


f0207537_14504459.jpg♪「今なら素直になれるよ」高良結香
高良さんのファースト・シングル。「2001年の9.11テロの時、ニューヨークにいて、マンマ・ミーアのリハーサルの最中だったんです。『今日、自分は死ぬんだろうな』と思った。そして『今日死ぬなら、こんな生き方でいいのかな』って本当に反省したんですよ。沖縄を離れてN.Y.に来て、自分の好きなことをやっているけど、本当に大切なのは沖縄だったり、家族だったり、友達だったり・・・そして、本当に自分がやりたいことは音楽じゃないのかなって気づいたんですね。氷水を裸でぶっかけられたって感じ。人間って悲しいんですけど、そういうことがないと気付かないんですよ。会いたい人にはすぐに会おうって、“I Love You”を伝えたい人には今すぐ伝えよう、と思ったし、自分のやりたいことは今日精一杯、明日死んでもいいようにやろうって思って、この曲を作りました。素直になれない自分に向けての歌でもあります(笑)」


いきなりなんで歌いだすの?!
沖縄ご出身の高良さんは、5歳からクラシックバレエを始めて、高校卒業後にアメリカへダンス留学。『ダンスと歌、まぁ両方やっていけたらいいなぁ』と思ってたそう。しかし、現実はなかなか厳しく・・・「残念ながらHipHopとかモダンダンスはあんまりペイが良くないんですね。ミュージカルだと、ショーがロングランすればずっと続くし、ユニオンで働けば保険も下りるし、歯医者さんにも行ける!と思ったので(笑)それに、いつまでも親に頼ってはいけないなと思って、ミュージカルのオーディションを受けようかなって思い始めましたね。」
でも実は、ミュージカルの世界があまり好きじゃなかった、と高良さん。「いきなりなんで歌うの?なんでここで踊りだすんだ?!みたいな(笑)。でも『RENT』という作品が自分の心をキャッチした。まず音楽がロック!そして、ゲイとレズビアンの愛の話などの現実的なストーリー。自分の人生と重なるようなアーティスト達の物語もあって、こういうのなら出てみたいな、って思いました。」


f0207537_155238.jpg♪「タイム・アフター・タイムシンディ・ローパー
「実際にシンディと仕事場で一緒になったんです。自分達がパフォーマンスした次の日に、同じステージでシンディがパフォーマンスしてくれることになって。生声を聞いたときには、もうぶっとんでしまいましたね、本当にパワフルで!彼女は多くの人のインスピレーションであると思うんですが、もちろん自分も。いつまでもああいうふうに歌えたらなぁ、って思っています。」


いつか沖縄にビルを建てたい!
「夢はこの時間では語りきれない!でもピンポイントしていきましょう(笑) まずは、自分がパフォーマンスしていくこと。音楽、そして演技をやっていけること。それから、自分が学んできたことを沖縄の人達、日本、アジアの次の人達に伝える。そして、沖縄にはミュージカルをやる場所がないので、自分が作らなきゃいけないなって思っていて。いつかね、沖縄にビルを建てたいんですよ。エンターテイメントのビル。100人くらい入れる劇場があって、ダンススタジオも、レコーディングスタジオも。その下にはオーガニックカフェがあって、キッズがレッスンに行っている間にマミー達が沖縄そばを食べれたり。それから、自分がアメリカから買ってくるダンスウェアーや、手に入りにくいCDなどを、一番先に持ってきて置けるブティックも。最近思い浮かんだのは、美容室とネイルサロン!マミー達がキッズのレッスンを待っている間にBeautifulになってる、みたいな(笑)」 泉のように湧き出る夢とアイディア。高良さんのみなぎるパワーが、夢をどんどん現実に変えていきそうです。

060.gif「life without me」 高良結香060.gif
今日、このスタジオで生で歌っていただいた新曲!レコーディングもこれからという、出来たてほやほやの曲を、静岡の方だけに披露してくださいました。とても贅沢なことですよね。「”Music”は自分の中で気持ち的には、もしかしたらミュージカルよりも重いかもしれないですね。演技ももちろん大好きなんですが。世界どこに行っても、自分の好きなこと、ずっと続けられたらいいなぁって思っています。」


大切にしている言葉 “Follow your heart and Make your dreams into reality

日本語で「自分の心を信じて、そして夢を現実に変えていく」という意味。「自分の心が歌いたい、踊りたい、編み物を今日始めたい、というのであれば、本当にそうしたほうがいい。誰に何と言われようと、自分の心を信じて頑張りなさい、って言いたいですね。自分は背も低いし、向こうでは『沖縄ってどこ?それ日本なの?』みたいに言われちゃうし、それだけでネガティブ。オーディションでは、アジア人というだけで同じスタートラインに立てなくて悔しい時もある。でも、そういう時こそ、自分がやりたいことに対して愛情の確認が出来ると思うんですね。小さくてもアジア人でもいいじゃないか!やりたいことがあるんだったら、やっていきなさいって言ってあげたいです。
『RENT』にも素晴らしい言葉があって”No Day but Today”っていろんなシーンで歌われているんですけど、“今日しかない”という意味。毎日無駄に出来ないし、無駄なことはやらなくていい。不況の世の中、いつでも後悔のないように生きていきたいなぁって思う。そんなふうに、みんなも人生頑張っていこうぜぃ!


☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


表情がコロコロと私の前で変わる、すごくチャーミングな高良結香さん。元気いっぱいのエールを送って下さいました072.gif
[PR]

by crossroadmidori | 2010-01-22 20:20 | 2010.01.22(高良結香)