カテゴリ:2010.05.21(伊藤純子)( 1 )   

伊藤純子(フリーマガジン womo編集長)   

今週のゲストは、フリーマガジンwomo編集長の伊藤純子さん。静岡で働いている方はゲストとして初めてです。

f0207537_21504927.jpg


womo編集長って、どんなお仕事?
伊藤さんはwomoにかかわるようになってまる3年。編集長の仕事もいろいろあって、毎回、特集があるのですが、かなり前からスタッフと打合せをしながら決めていく。特集を、どうゆうカタチでつくっていくのか、みんなで相談しながらカタチにしていく。役割分担を決めたりスケジュールをつくったりディレクターのようなお仕事。他にも雑誌のコンセプトにそった表現のチェックもするそうです。

お仕事は楽しい?
時間に追われている感じのある仕事ですが、静岡や浜松の読者から「今月号は面白かったよ」とか、ハガキやメールをいただくのは凄く嬉しい。街で読者の意見など直接聞ける時、「womo大好きです」って言っていただける読者も沢山いるので、そういう人たちと会って、声を聞いたり表情見たりする時が一番幸せな時、日頃の苦労が吹き飛ぶ時だそうです。

■Crystal Kay ♪恋に落ちたら♪
都内の広告代理店で働いていた時、徹夜も多く今よりも激務だった頃に、この曲を聞いて、頑張ろう!って励まされた曲だそうです。

静岡に来たきっかけは?
伊藤さんの生まれは秋田県の大館。都内の大学に進学して代理店に就職、広告代理店の5年間は企画を考える仕事。結婚することになり、ご主人が静岡の方だったので、静岡へ住むことになったそうです。誰も友達や知り合いもいない場所だったので、仕事をした方がいろんな知り合いも出来る、新しい何かが開けると思い転職活動をしていた時に「しずおかオンライン」の社長とお会いする機会があり入社することになったそうです。
最初の1年目は旅行ガイドの編集をさせていただき2年目からwomo編集長をまかせられたそうです。

編集長の想い。
同じ女性として、womo読者の女性たちに情報を提供することで、悩んでいることがあれば解決しくれたら嬉しい、もっと楽しんで静岡や浜松の毎日を過ごしていただければ嬉しい。その思いだけで編集長をやられているそうです。

■DREAMS COME TRUE ♪ うれしはずかし朝帰り ♪
伊藤さんはドリーム・カム・トゥルーが大好き。バンドを組まれていたこともあるそうです。

これからの夢や希望は?
静岡や浜松の女性と、もっと間近にふれあえるような企画をやっていきたい。例えば、静岡の働く女性のために仕事のスキルアップや刺激になるようなイベントが出来ればと考えているそうです。

☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


大切にしている言葉  “思い立ったが吉日”
伊藤さんは思いついたら即行動したくなるタイプ。思いついたら変だったりおかしなことじゃなければまずはやってみたいそうです。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-05-21 18:44 | 2010.05.21(伊藤純子)