カテゴリ:2009.05.15〈浅香光代〉( 1 )   

浅香光代(俳優・浅香流演劇舞踏 家元・武蔵野学院大学客員教授)   

浅香光代(あさかみつよ)大切にしている言葉 “どうもありがとうございました。”

f0207537_13826.jpg


         〈“旭日双光章”受賞おめでとうございます〉
             -葉桜の母に見せたや授章式-

受賞を知って、母が生きていたらどんなに喜んだだろう。“浅香光代”を支えるためにどれだけ親が苦労したか、と今は亡き母親に向けて詠んだ句 葉桜の 母に見せたや 授章式 。浅香光代一座を支えるために金銭の苦労もあったけれど「今日までこれたのはみなさんのおかげ。」と謙遜する浅香光代さん。

             〈植木等さんの思い出〉
             今月は支払い大丈夫なの?

いつも心配してそう声をかけてくださった植木等さんは、亡くなる前に浅香さんの側にいらしたのだとか・・・。お弟子さんには見えない(防犯カメラに映った)植木等さんの姿が浅香さんだけには見えたのだそうです。亡くなるまで自分のことを心配してくれたと話された浅香さん。そんなことがあった後、別な友人が夢に出てきて慌てて電話したらお元気でね、とユーモアたっぷり。

           〈武蔵野学院大学客員教授〉
         小学校3年まで行ってないけどいいの?

「だから魅力なんです!」と言われて引き受けた浅香さんは、9歳で、浅香新八郎、森静子に弟子入り、14歳で浅香光代一座の座長。そして女剣劇全盛時代を築きあげ、現在は「演劇舞踊・浅香流」を率いる家元。最近の子が親を思わない,親も子を思わない風潮に一言・・・・。

『大学生を前に、何だ、てめえら!って言っちゃうの。親は、お願いだから朝起きて学校行って!なんてね。“親孝行しなよ。しっかりしろ”ってはっきり言ってやるのよ。』と浅香節炸裂。でもね、おかげさまであっちこっちの大学から、お座敷がかかるのよ。

           〈女剣劇全盛時代〉
            ああ、女剣劇!
            
舞台も見ないで「ああ,女剣劇ね!」なんて言われ方してね。でもね、新国劇島田省吾、辰巳柳太郎先生や、十一代目 市川團十郎さんにご縁があって。團十郎さんは(海老蔵さんの時に)浅草常磐座の舞台を見に来てくれて、それから可愛がってもらって、お家芸の“勧進帳”を(衣装もそっくり作ってくれて)演舞場でやらせてくれた。

新派の花柳章太郎先生も、川口松太郎先生の新派の作品も随分やらせてもらって、私が本当に今日まで来れたのは先生方のお力。笑いながら“女がイイ訳じゃないのにね。”私はいつでも幸せ。今日はいろいろあっても明日は晴れる。雨は3日も続かないって思って生きてるのよ。

             〈“みつよ”だから34歳〉

舞台で怪我をして50針縫った時に,お客さんに待っていてもらったことがある。でも最近は「どうですか、お怪我は? 」でなくて 「どうですか。お身体は?」って聞かれるのが嫌。私はまだ34歳なのに・・・・。じじいだとかばばあだとか言っちゃだめよ。

f0207537_3201539.jpg

060.gif人生まだまだ/浅香光代
060.gifひとり旅/浅香光代
060.gifあんたがストレス/浅香光代、世志凡太

 
              


母の言葉--「学校に行っていなくたって“どうもありがとうございました”って書けるじゃないか」と言われたという浅香さんは、お客さんに必ず巻紙で手紙を書かれる。それを額に入れて飾る人もいると笑っておしゃいました。今の時代だからこそ巻紙に、どうもありがとう。の気持ちを込めて。
      
-9歳で弟子入りする時に-
おはようございます。ありがとうございました。いらっしゃいませ。すみません。お疲れさま。言葉は5つ以上話さない。余計なことは話さない。人にはいつも笑顔で。そう言われて育ったから、大切にしている言葉は、“どうもありがとうございました。”


f0207537_6262546.jpg   〈浅香光代 浅香洸雪 師弟絵画展〉
   -みんな元気をもらいにきなよ。あたしゃ待ってるよ-
     5月27日(水)~6月2日(火)
         
     元気のない時代だから元気を出す!
 パワーのかたまり浅香光代さんに説得力溢れる言葉を頂きました。
[PR]

by crossroadmidori | 2009-05-15 01:08 | 2009.05.15〈浅香光代〉