<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

イッセー尾形(俳優)   

      
       今週と来週は、2度目のご登場となるイッセー尾形さん。
       前回ご紹介頂いた、マックス・ラーベさんの日本公演のお話や、
       5月30日と31日に行われた、静岡・焼津公演のお話など、
            盛りだくさんでお送りします。


f0207537_21122671.jpg


マックス・ラーベ&パラスト・オーケストラ

f0207537_21195495.jpg
ゆったりとしたリズムの中にいると、人は自分にやさしくできるんだなぁと思う。気がつくと自然に身体が左右に動いている。マックス・ラーベの音楽は大げさなことを語らない。暮らしの中の何気ないことが大切だと教えてくれる歌。ゆったりとした空気感が良いなぁ〜
Max Raabe & Palast Orchester
 

 060.gifきみは我が心のすべて
  Dein ist Mein Ganzes Herz


ラーベさんって結構気さくな人なんですよ。日本語で一生懸命曲紹介をしたでしょう。「野球小僧」などの日本の歌も披露したりね。風刺が効いた音楽もある、ユーモアのセンスがある。たどたどしい日本語で、歌詞の内容を説明する。「サボテンが〜、顔面に〜、直撃」なんて。そんなことが歌になるからおかしい。

060.gifぼくのゴリラには別荘がある/Mein Gorilla hat’ne Villa im Zoo  動物園の中にゴリラの別荘がある。「政治のことは分からないけど、女房のノミをとっているのが俺の幸せだ」みたいな歌詞。オーケストラの演奏も素晴らしい。音楽は不思議だね。マックス・ラーベさんの音楽を聞くと、古き良き時代の気分になれる。僕はその時代に生まれていないんだけれど。。。

ラーベさんは日常の暮らしのほんの一コマを歌にする。僕の芝居も、日常の小さな出来事を切り取って行く。そこからお客様にいろいろなことを想像してもらう。それだけでいいんじゃないかと思う。。。

舞台は生き物。昨日と今日、同じものをやっていても違う。初日は様子をうかがっている部分と楽しんでいる部分がせめぎ合って、2日目は楽しむ。でも、どちらがよいのかというのは比べられない。緊張感がある初日と、余裕のある2日目。お客さんの環境によっても反応は変わるし、それぞれ別なものだから。

ネタづくりは、最初は作家と二人でのデスクワーク。「全国で市町村の大合併が行われた。そこに淡い恋心を抱いている気弱な青少年がいる」という芝居がある。自嘲気味に「おとなしい場所だから合併されんだ」というセリフがある。東京では、頭で理解している合併でそれなりの反応。でも、実際に合併があった地方に行くと、拍手喝采を浴びる。そんなとき、このネタを作って良かったなと思う。お客様に対峙したときに何かが生まれる醍醐味、そのダイナミックな変貌が楽しみ。

若いときに作ったネタ(サラリーマン・シリーズ)のリハーサルをすると、若い時にはやたらに体を動かしていたと思う。でも今は俺は体が動かなくなってきた。そうすると、体を動かない方法を自然に選んでいることに気づく。そこで、あえて体を動かすことをやってみる。だから、自分のネタで2度楽しんでいるような感覚(笑)。


静岡に行くと元気がもらえる。5月の公演でも、“このネタは静岡の人たちのために作ったんだ!”と錯覚するほど、静岡のお客さんはテンションが最初からすごく高くてね。だから落ち込んでいるとき、静岡のスケジュールが入ると嬉しい。喜んで行くんだ。



f0207537_21573775.jpg060.gifStern Am Der Welt (17Hippies) El Dorado

ベルリンの13人編成ルーツ・フォーク・バンド
彼らも僕の友達。この曲は舞台で衣装替えの時に使っている。“今、ドイツのどこかでライブをやっているのかなあ”
なんて思いながら・・・。

 

         ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 イッセーさんにお誘い頂き、「マックス・ラーベ&パラスト・オーケストラ」のコンサートに加えて、居酒屋で行われた打ち上げパーティにも参加。“こんなすばらしい音楽があることを、日本の皆さんにお知らせしたくて”と、イッセーさんがマッスク・ラーベさんを日本に呼んで以来、今年で3度目の来日。

打ち上げパーティでは、イッセーさんがヴァイオリンを弾き、ラーベさんがそれにあわせて歌う。誰かが拍手し出すと、全員で拍手し始めて、何が起こっているのかわからないけど、「何かいいことがあったらしいよ」という、そんな雰囲気。言葉なんていらない、音楽があれば! あんなに楽しいパーティは初めてで感動しました。
      
     
       次週は、イッセー尾形さんが取り組んでいるワークショップ
          についてお話をお聞きします。お楽しみに!
 
   
           
[PR]

by crossroadmidori | 2009-08-28 22:48 | 2009.08.28〈イッセー尾形〉

近藤文夫/料理人・銀座 てんぷら近藤店主   

近藤文夫(こんどうふみお) 大切にしている言葉/絶対天狗になるな

f0207537_17522410.jpg


     池波正太郎さんの「食の作法」

f0207537_1843035.jpg「確実な死に向かって、有限の時間を確実に減らしていく。それが人の一生なんだよ。しかも明日が最後の日でないという保証はどこにも、だれにもない。だから今日という一日が大切なんだ。毎日、そう思って飯を食え。そう思って酒を飲め」
  (「池波正太郎の食まんだら」佐藤隆介)



f0207537_1861877.jpg近藤文夫さんは、池波正太郎さんがこよなく愛した東京・お茶の水「山の上ホテル」の「てんぷらと和食・山の上」の料理長を長年に渡って務められて、現在は、てんぷら店で唯一、ミシュランガイド2つ星のお店、「銀座てんぷら近藤」の店主でいらっしゃいます。

      

      さっぱりしていていくらでも食べられる近藤のてんぷら。
       揚げたてをのせる和紙に油がほとんど付かないのは?


普通、てんぷら屋さんでは、揚げたてんぷらを降って油を切って出すのですが、うちではそのままストレートに出します。火を強めたり弱めたりして油を切っていくのです。そうすると素材の甘み、苦みといった味がストレートに出てきます。野菜は契約農家にお願いして作っています。私たちの仕事は、てんぷらにすることで、素材の味をプラス20%引き出すことです。契約農家へは全て実際に足を運び、農家の方と直接お話をします。無農薬、有機栽培。そして、その場所の水がおいしいかどうか。本当においしいものをお客様に召し上がって頂くために、手間暇をかけて良い素材を集めます。


     名物“サツマイモのてんぷら”

両端の細いところを切り落とし、そのままてんぷらにしたものです。生の状態から、30分かけて揚げるのですが、外側はかりっとしていて中はほくほく。実は私はサツマイモが嫌いで、あんなものをてんぷらにして食べるのが不思議だったのです。ところが、神宮球場で食べた焼き芋や実においしかった。てんぷらで、その焼き芋に勝るものを作りたいと思い、できあがったのが今の形です。揚げている間は絶対に刺しません。だから中には一滴の油も入らず、ホクホクに仕上がる。“てんぷらにすることでおいしくならなかったら、お金はいただけませんから”。

f0207537_18342593.jpg
若いころ働いていた「山の上ホテル」のあるお茶の水。その頃のお茶の水は、石垣があってきれいな場所でした。当時、この曲を聴いたときに、こんなイメージを歌った曲だと思ったものです。この曲を聴くと、若い頃の気分に戻ることができます。

060.gif学生街の喫茶店/ガロ



    おまえはてんぷら向きの顔をしている。

父が小学校に行く前に亡くなって母一人に育てられました。子供の頃から自分で料理を作って食べられたらどんなにいいだろうと思い続けていました。ホテルに就職して、ホテルの社長から「おまえはてんぷら向きの顔をしている」と言われ、和食の道へ。


    池波正太郎先生との出会い。

「山の上ホテル」では、多くの著名人の方と出会いました。写真家の土門拳さん、俳句の山本健吉さん、水原秋桜子さんなど。中でも、親しくさせて頂いたのが池波正太郎先生でした。そのご縁で、池波正太郎原作のドラマ「剣客商売」の料理はを手掛けることになったのです。おはるが作るもの、不二楼で出てくるもの、カットによって出される料理は全然違うので、台本を読んでひとつひとつ場面に合わせて作るというものでした。

f0207537_18551155.jpg「剣客商売」ドラマ化するにあたって、池波先生は何度かお店にいらっしゃいました。ところが、なかなか「料理を頼む」と言い出せなかったようです。「近藤君も忙しいだろうから…」という、江戸っ子らしい気遣いでした。池波先生から、「剣客商売で料理を作って出したいから、担当して欲しい」という正式な依頼を受けて、一回だけならと思って引き受けたのですが、すぐに出版社から「剣客商売」の全巻(現在文庫本で16巻)が送られてきました。ドラマがスタートして18回目で、池波先生がお亡くなりになり、その仕事を続けていくかどうか迷いましたが、池波先生のご意思だからと思い続けることにしました。

      池波先生からの手紙!

36才で独立したいと目標を持っていました。池波先生に相談したとき、直接お手紙をいただきました。「僕は40才で作家になった。そのおかげでいい人生を送ることができている。」というひと言を読んで、「自分の思ったことをやるべきだ」と思い、独立への踏ん切りがつきました。

f0207537_19162785.jpg映画「大いなる西部」を見て、西部の開拓精神に感銘を受けました。それまで、てんぷら屋は野菜を扱わなかったのですが、私は野菜を開拓していこうと思った。当初は「野菜を食べにきたわけじゃない」というお客様も多かったのです。でも私には野菜に対する思い入れが強くあった。野菜はおいしいし、春夏秋冬を感じられるものです。“野菜がおいしいてんぷら近藤”の根底には私の開拓精神があるのです。
060.gif「大いなる西部」/サウンドトラック


   
 銀座で独立したのは、池波先生への恩返し。

f0207537_1935955.jpg
銀座にお店を出したのも、“池波正太郎さんにどうしたら恩返しができるか”と考えたから。「池波正太郎の銀座日記」にも書いているとおり、銀座は池波先生にとって第二の故郷。銀座は家賃が高いので、女房には“失敗したら何もかもなくなるから”と言って始めたのです。



f0207537_19383650.jpg心休まるものを
召し上がって頂きたい。


060.gif雨/ポール・モーリア。京都に行ったときに、ステレオで聞いて「なんて心の休まる音楽だろう」と思った曲。料理も、この曲のように心休まるものを召し上がって頂きたい。


これまでやってこられたのは幸せなこと。私を支えてくれたみなさんのおかげです。たくさんのお客様に来て頂くことができたのも、一生懸命やってきたことの積み重ねの結果。今でも毎日、朝5時から起きて、出汁と天つゆをとって、市場へ仕入れに行って、昼も夜もお店に立つ生活を続ける。それが私の人生。人生で大切にしている言葉絶対天狗になるなは、池波先生からいただいた言葉。天狗になったら料理はそこでおわり。だから朝から晩で働いています。天狗になる暇がありません。


       ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

池波正太郎さんとのお話は、料理を超えて人としての情愛へと発展していきました。お客様に良いものをお出しするために、こだわり抜いた料理に対する姿勢と、池波先生に対する感謝の気持ち。その根底にある近藤さんの温かい人柄があふれでるようでした。


               てんぷら近藤
          
          東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル9F 
            TEL :03-5568-0923
          営業時間:12:00~13:30L.O.
               17:00~20:30L.O.
           定休日:日曜日、祝日の月曜日
[PR]

by crossroadmidori | 2009-08-21 19:45 | 2009.08.21〈近藤文夫〉

伊勢正三/シンガーソングライター   

伊勢正三さんと先週のお話の続き、「風」のことから…

     人生の大事なポイントほどおおまか
            〜風のように、自由気ままにやりたい〜

f0207537_15273991.jpg一番最初の、吉田拓郎さんとかぐや姫の“つま恋コンサート”のときに、としてはじめてのパフォーマンスをした記憶がある。でも、それが「風」結成というわけでもないのです。「かぐや姫」の解散コンサートツアーをしながら、「風」としてもステージに立っていた。風のように、自由気ままにやりたいから「風」と名付けた。 風は止まってしまうと空気。だから活動が止まった時点で、風も自然に無くなってしまう、その時が解散なんだと思っています。

性格はすごく細かい。あれこれと気を遣うタイプだし。明日の目覚まし時計のメロディを何にしようか、紅茶をいれる角度は98度がいいとか、ワインの飲み方とか・・・。でも、人生の大事なポイントほどおおまか。人生の岐路に立たされたとき、どっちをとるかということになると天にお任せという感じで、どこか達観しているところがある。

f0207537_13454862.jpg060.gifエモーション/サマンサ・サング
なつかしいなあ。。。この曲も、バリー・ギブの作品。今でもこんなアナログっぽい音の構成が理想。フェンダーローズのピアノ、ギター、ドラムスとコーラス。余分なものが何もないのに、それでいてエモーショナル。ウキウキ、ワクワクできる。音楽の力って凄いなぁ。

お客さんから“元気になりました”って言われるのは何よりの褒め言葉。“ありがとう”なんて言われるともう嘘のように嬉しい。僕自身も好きな音楽を聴くと、そんな気分になれるからね。僕らももうちょっと頑張って努力しないといけないなぁ、って。


        言葉が発する景色や情景

僕は歌詞に具体性を持たせる方なんです。今風に言うとちょっとベタな歌詞。何か言葉を発した時に、景色や情景を思い浮かべてもらえればいいなぁ。そういう書き方をずっとしてきた。それが年代を重ねて行くとともになかなか難しくなってきている。僕の場合は時代を書いているから、何に対して歌えばよいのか、と。。。

        いつでも新しい曲を作りたい!

僕は、いつでも今からでも新しい曲を作りたいという気持ちが満々。だけど(地方に行ったりすると)ファンは30年前の古い曲をやっぱり聴きたい。その時代の音楽を聞くと、街の雑踏の感じとか、ファッション、テレビの番組とか、思い浮かべるからね。やっぱり音楽って凄い。だけどそんなファンの気持ちとのせめぎ合いがいつもありますね。

060.gifほんの短い夏/伊勢正三
オムニバスドラマ「泣きたい夜もある」の主題歌。ラストシーンを描く印象的な曲。


       気持ちを切り替えるチャンネル!

“伊勢さん、この前観ましたよ! それで伊勢さん、まだ音楽はなされてるんですか?”なんて、それが冗談でないくらいフライフィッシングが大好き。釣り雑誌の表紙にもなっているし、スカパー!の専門チャンネルにも出演しているほど。静岡サマサマでね、静岡には良く行きますよ。

ガーデニングやキャンプも好きで凝るんです。それは自分の中のバランスをとる方法。いつも街にいてスタジオ作業ばかりだと“何か違う、人間ってこれでいいのか”って思う。だけど、南こうせつみたいに本格的にクワを持って畑をする体力はないから、ナルシストとしては、格好から入るスタイリッシュなフライフィッシング(笑)、帰りに寄る伊豆の温泉が大好きってことも・・・。060.gifそんな暮らしの中で/風

       歌を作ることが一番好き!
                
f0207537_1471739.jpg自分に何が好きかを問うと、必ず歌を作ることが一番好きというところに行きつくんです。歌を作り始めると、他のことには一切興味がなくなる。歌はいろなところから出てくる。いろんなことをやっていないと歌なんて出来ない。だから人からも多趣味だと言われたりして、いろいろなことをしているけれど、それはモチベーションを高めるため。職業作家的に依頼されて作ることも嫌いじゃないけれど・・・・。


      自分から生まれたがっている歌!

自分から生まれたがっている歌を(お手伝いして)歌の形にするのが僕の仕事。実はなごり雪はプロとして作った初めての曲なんだけれど、あの時、あの曲をなぜ自分が作ったのか、なぜ出来たのか、分からなかったんです。確かに僕が作った歌なんだけれど。

僕が作らなくても、もともと060.gifなごり雪というモードがあったのだと思う。それを僕は僕のフィルターでああいう切ない表現にして世の中に送り出した。でもあの歌が生まれてこようというモチベーションはあったんだ。僕は“歌”が生まれてくるモチベーションに出逢うために、いつも何かをしておきたいという気持ちがある。そのためにもっと大きなものを観ていたい。大袈裟に生意気に言うと、宇宙そのものを常に観ていたいと思うんです。


              
         ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

         これからやってみたいことは?とお聞きしたら、
          やっぱり歌を作ること!と明快なお答え。
          この夏から秋にかけてのライブ予定は!

8月21日伊勢正三 with センチメンタル・シティ・ロマンス RESORT LIVE in 軽井沢。
8月22日風ひとり旅「風」の楽曲だけで構成されたライブ。こらからもたくさん続きます。

  “8月は暑いからリゾート地でと言う訳じゃないけど” と言う伊勢さんですが、
       どうぞリゾート気分でお出掛けくださいね。

       お話は尽きないのですが、060.gif22歳の別れを聞きながら...
         伊勢正三さん、本当にありがとうございました。
[PR]

by crossroadmidori | 2009-08-14 14:09 | 2009.08.14〈伊勢正三〉

伊勢正三/シンガーソングライター   

伊勢正三(いせしょうぞう)
f0207537_2325898.jpg


    永遠の青年のような伊勢正三さんとのお話。2回に渡ってお送りいたします。

f0207537_23262358.jpg今夕は伊勢正三さんの060.gif涙憶(「海がここに来るまで」に収録)を聞きながらスタート。伊勢正三さんは、「かぐや姫」、「風」のメンバーとして活躍され、名曲「なごり雪」「22才の別れ」はあまりにも有名です。現在はソロ活動、「なごみーず」、「風ひとり旅」の活動を続けて、この夏もたくさんのライブに出演されています。


仲間を大切に感じるようになった年代。

「なごみーず」は太田裕美さん、元ガロの大野真澄さんの3人でのアコースティックユニット。3人で活動を始めてから、何か名前があった方がいいんじゃないかと・・・、それで、太田裕美さんが付けた。「なごみーず」ってどぉ?と聞かれたときに、みんな、「いいじゃない!」ということで決定。ユニットの雰囲気が伝わってくる素敵なネーミングだと思っています。「この年代になって、ステージの上だけでなく、ステージに立つまでの時間を共有できる仲間を大切に感じるようになった。

「風ひとり旅」昔と今では演奏力が違う。

f0207537_0494991.jpg「風」時代はサウンドを作ることに熱中していた。“あの頃にライブをもっとやっておけばよかった”という思いが沸き上がってきて・・・。 
昔、ライブで出来なかった曲が、“今は演奏力があがったので出来るようになった”。「70年代の楽曲を中心にライブをやっていると、お客さんに曲が浸透していることを身をもって感じます。ライブならではのお客様との結びつきというか、空気感が、「風」を復活させたような気がします。
f0207537_132181.jpg

↑(2000年発売CD2枚組)    060.gifささやかなこの人生→



1970年代は、自由と平和を求めた時代。

かぐや姫に加入したのは1971年。高校の先輩である南こうせつに呼ばれて。ふたりとも高校時代は、混声四部合唱のクラブに所属していて、彼は部長だったんです。かぐや姫が活動していた1970年代前後は、パンタロンや、絞りのシャツがはやっていた。今ではちょっと着られないね。定番の長髪とジーンズが、自由、平和を求めて、体制に抵抗する象徴」だった時代。

f0207537_14525463.jpg060.gif砂に消えた涙/ミーナ
メジャーでもないマイナーでもないメロディライン。今聞くと、音楽家としてすごくいいところをついていると思う。こんな曲を作りたい。



f0207537_2354348.jpg060.gifWoman In Loveバーブラ・ストライザンド&バリー・ギブ
作曲したビージーズのバリー・ギブが大好き。「音楽を始めた頃に本当によく聞いていた。メロディ・フェア、サタデーナイト・フィーバーと一曲ごとにどんどん音楽性が変わっていく。彼のような音づくりが好きです。



          ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

昔からの仲間たちとの関係が時間とともに、熟成されてきているのでしょう。今は一緒にステージに立つことを楽しんでいると話された伊勢正三さん。私が学生時代にフォークギターを習いに行っていたと言うと、「すみやさんでしょ!静岡といえばすみやさんですよね!」と、大いに盛り上がりました!

             また来週をお楽しみに!!!
[PR]

by crossroadmidori | 2009-08-07 23:50 | 2009.08.07〈伊勢正三〉