<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

山本貴代さん(「女の欲望ラボ」代表)   

今週のゲストは、この秋に「女の欲望ラボ」代表として独立されたばかりの山本貴代さんです。
「晩嬢という生き方」や「ノンパラ ~パラサイトしない女たちの『本当』~」など、数々の興味深い著書もお書きになっています。
f0207537_20122333.jpg


女の欲望ラボ?!
博報堂生活総合研究所の上席研究員という経歴をお持ちの山本さん。博報堂では、海外と比較した場合の日本人や、女性、富裕層など、幅広い範囲の生活者の研究をされていましたが、この秋、20年以上勤められた博報堂から独立。専念するに至ったのは、その名も「女性の欲望ラボ」。ドキッとさせられるような名前のそれは一体・・・??
「女の欲望ラボ」とは、東京の、ある程度大きめの企業に勤めていらっしゃる、20~40代までのOLさん達のネットワーク。代表である山本さんが、その一人一人と直接メールで文通し、生の意見や考えをまとめている。「OLさん達みんなそれぞれが面白い考えを持っているけど、もしかしたら自分は微力だと思っているかもしれない。でも、みんなの考えをまとめて、一つのキーワードにして、世の中に『ポッ』って放ってあげると、それがキラキラと光り始める
著書「晩嬢という生き方」は、まさにその”キラキラ”がいっぱい詰まった一冊。女性ならば、ウンウンと頷きながら、一気に読めてしまう。男性は、女性達の“欲望”に圧倒されながらも、そこからビジネスのヒントを得ようと、じっくり読み入ってしまうかもしれませんね。


f0207537_20133429.jpg♪ 「サーフ天国,スキー天国松任谷由実
1988年のバブル期に博報堂に入社した山本さん。「当時、冬はこの曲をかけてスキーに行っていた。そういえば、高校の卒業旅行も苗場のユーミンツアーです!初めてスキー板をはいた小学生の頃は、中島みゆきさんの『わかれうた』や『悪女』がスキー場に流れていたなぁ。」



山本さんとお喋りしていて楽しいのは、山本さんの口から次々と飛び出す言葉達。コピーライターや作詞をされていたこともあるとのことで、言葉の選び方やセンスが抜群!例えば、ラボは年代によって3つに分類できるそうなのですが、その呼び名が、20代は「末娘ラボ」、30代は「次女ラボ」、40代は「長女ラボ」。思わず口に出したくなるような、可愛くて洒落の利いたネーミングですよね。ちなみに、50、60、70代女性を集めた「マダムラボ」も最近欲張って作ってしまったのだそうです。


f0207537_20145771.jpg♪「いとしのエリーサザンオールスターズ
実は、大学時代にアナウンス研究会に入っていて、スキー場でDJのアルバイトしたことがあるそうです。「ナイターで最後のリフトを止めた後、その日の最後にかけるのがこの曲。曲が終わり、あたり一面がシーンとなった中、エリーの余韻を感じながら、パトロールのおじさんのスノーバイクの後ろに乗って、宿泊していた山小屋まで送ってもらった。そんな思い出があるんです。」


女性の生き方はパッケージツアーからフリースタイルに。
今の時代、女性は本当に元気。海外旅行にしても、最近は普通に出かけるのは飽きてしまって、いわゆる観光旅行ではなく、例えばハワイでフラダンスのショーに出るとか、イタリアならば教会の修復作業を手伝うとか、マチュピチュで瞑想とか・・・聞くとビックリしてしまうんだけど、捻りやオリジナリティがある。
男女雇用機会均等法ができて、女性が社会に出るようになってから20数年。女性の生き方は、何歳で結婚、何歳で子供を産んで、という昔のパッケージツアーのような人生から、今のような選択肢の多いフリースタイルの人生に変化してきた。いまの女性には自由さがある。しかし「自分で全部選ばなければいけない。逆に自立していないと選べない、ということで悩んでいる人もいる」と山本さん。みんなで『どうしよう、どうしよう』と揺れていたつもりが、ふと振り向けば誰もいなかった・・・なんてことがないように、自分自身でちゃんと人生設計しなければならない。日本人はいま、世界で一番の長寿!まだまだ長い人生、外面はもちろん、内面も磨きながら生きていきたいですね。


f0207537_2034411.jpg♪「Kawaipunaheleケアリイ・レイシェル
ゆったりとしたハワイアンの一曲。「夫がこの曲を好きで、出会った頃からよく聞いていた。夫とは10年以上の付き合いなので、最近は喧嘩もするけれど、この曲を聴くと平和だった頃(?)を思い出す。いろいろな場面で聴いて、あの頃はこうだったとか、感謝の気持ちをまた取り戻そうとか、優しくなろうとか・・・いや、優しいんですけどね(笑)」


「女の欲望ラボ」静岡に進出?!
山本さんは元々静岡のご出身。駿東郡長泉町のおてんば娘で、毎日富士山を見ながら育ったそうです。「静岡はお水が美味しい、富士山がある、空気も美味しい。人も穏やかですよね、例えば不良と言っても不良っぽくないというか(笑)」 東京のような、ざわざわしたコンクリートジャングルに住んでいると三島の良さ、静岡の良さを実感するそうです。
でも・・・「女の欲望ラボ」は、東京限定なんですよね??
余裕があればもちろん、真っ先に静岡支部を作りたいと思っています。夢じゃなくて現実にしたい。」との嬉しいお答え。その際には、この番組でも募集を呼びかけていただけるそうです。楽しみですね。「マダムラボの静岡支部長を、望月さんにお願いします」との任命も。末永いお付き合いをよろしくお願いいたします!

☆☆☆    ☆☆☆    ☆☆☆


時間が来てしまったのですが、楽しいお話が尽きないので、来週も引き続き、山本貴代さんをお迎えしてお送りすることになりました。ぜひお楽しみに!
[PR]

by crossroadmidori | 2009-11-27 21:22 | 2009.11.27(山本貴代)

杉山 英隆さん(エンターテイメント・マーケティング・プロデューサー)   

杉山英隆(すぎやまひでたか)/大切にしている言葉 ”人間至るところ青山有り”

今週のゲストは、ロサンゼルスを中心に広告のライセンスビジネスをされ、昨年からは作家としてもご活躍の杉山英隆さんです。
f0207537_1992062.jpg

聞けば納得、の広告スタイル。
杉山さんがされている「プロダクト・プレイスメント」という広告のスタイル。聞き慣れない言葉ですが、一体どういうものなのでしょう。
映画やドラマの中で、俳優さんが身に着けているものや、頻繁に登場する小道具を見て「どこのブランドのもの??」なんて気になった経験はありませんか?消費者のまさにその心理に目をつけたのが「プロダクト・プレイスメント」。映画の脚本を見て、例えばお酒がたくさん出てくるな、と思うと、ビールメーカーに「おたくの商品を映画に出しませんか。広告的効果がありますよ」と提案するお仕事なのだそうです。
木村拓哉さんがドラマで着けていた時計があっという間に市場からなくなった、なんて話も聞いたことがありますよね。広告を広告として見るよりも、ドラマの本編の中でさりげなく目にすることで印象が残る・・・確かに、聞けば納得です。今後、映画やドラマを見ていたら「あっ、これはもしかして広告効果を狙ってる?」なんて気がつく場面もあるかもしれませんね。


f0207537_1994120.jpg♪「Time to say goodbye」 サラ・ブライトマン
ラスベガスのホテル「ベラージオ」のイメージソング的な曲。ホテルの前で行われる有名な噴水ショーのバックにも流れている。「過去に別れを告げて新しい人生に旅立とう、という内容の歌詞が、ちょうど自分がアメリカに渡って新しい人生を始めようとしていた頃のイメージと重なります。」



ロサンゼルスに住むために!
ところで杉山さん、なぜアメリカでお仕事をしようと思われたのでしょう?
日本のホテルに就職する前に一年程アメリカに留学していた、その時の経験が、社会に出てからのいろいろな活動の基本になっているそうです。高校生の頃から、カリフォルニアやサーフィンに憧れていた年代。その気持ちを持ったまま、15年間日本で会社勤めをしていたけれど、仕事で久しぶりにロサンゼルスの空気を吸ったら「この街に住みたい!」と思ってしまった。ちょっと邪な考えだけれど、「どうすればロサンゼルスに住めるか・・・」と模索していた時、映画「マディソン郡の橋」の中でクリント・イーストウッドが持っているニコンのカメラは実は広告代理店からの仕込みだった、という記事を社内報で見つけて、「これは商売になる!」と直感したそうです。ビジネスチャンスを掴んだ瞬間ですね。


f0207537_191025100.jpg♪「Please come home for Christmasイーグルス
クリスマスソングは悲哀を感じる曲が多い。この曲も「僕の彼女がどこかへ行ってしまった」という内容。「人生の表裏を感じるのが結構好きだったりするんです」と杉山さん。クリスマスって確かに、明暗分かれる時期ですね・・・「人生楽しい事ばかりじゃない。でも、悲しい事もあるから、楽しい事がより際立つ。そんなことを感じさせてくれる音楽や映画が好きです。」


ついに憧れの作家デビュー
地球外動体視力ゴルファー」という“ゴルフファンタジー小説”で昨年作家デビューされた杉山さん。学生時代から物書きにずっと憧れていて、アメリカと日本を行き来する忙しい日々のなか、昨年やっと机の前に腰をすえる機会ができたそうです。「たくさんのプロの作家の方々の末席に、ちょっと席をいただいたところ。国会で言えば民主党の新人議員のような。」と謙虚な杉山さん。
横峰さくらさんも応援していらっしゃる「地球外動体視力ゴルファー」。もしかして英語で書かれている・・・?いえいえ、もちろん日本語です。ご安心を!ゴルフ好きの方には、特にお楽しみいただける小説ですので、ぜひお手に取ってみてください。静岡は良いゴルフ場もたくさんあるし、暖かくてゴルフ環境に申し分ないところ。ゴルフ人口も多いですよね。ちなみに、杉山さん自身も“ゴルフおたく”なのだそうです。


f0207537_19105787.jpg♪「Viva la vidaコールド・プレイ
「昨年、表現することに取り組んでいたときに、元気付けてくれた曲。この曲のリズムのように、シンプルに、感ずるままに表現をしていきたい。物書きは足腰が弱くなっても出来るから、これからずっと、死ぬ前の日まで文章を書いていたい。小説は、今もう4作目を書いているところ。」と杉山さん。精力的です!



大切にしている言葉 “人間至るところ青山有り

人間が活躍できる、自分の能力を発揮できるところは一箇所ではない。いろんなところにチャンスはある。私は日本に生まれ育ったけれど、アメリカで仕事をしたり、世界を旅したり、様々な場所で人や機会に巡り合って、それが今の経験の基盤になっている。
仕事や生活が上手くいかなかったときでも、少し考え方を変えれば、他の所にチャンスがあるかもしれないし、いろいろやってみたらいいんじゃないか、といつも感じている。」
・・・まさに杉山さんが実践されている生き方ですね。

☆☆☆    ☆☆☆    ☆☆☆

「カリフォルニアに暮らしたいな」と思って、そこで会社を興したという自由な発想とパワーの杉山さんでした。「本当は、今のマスコミに対して言いたいことがあるんだけど、それはまた今度ね!」と言ってお帰りになりました。
[PR]

by crossroadmidori | 2009-11-20 19:15 | 2009.11.20(杉山英隆)

井形 慶子さん(「ミスターパートナー」編集長・作家)   

井形 慶子(いがたけいこ)/大切にしている言葉 ”今日を生きる”

今週のゲストは、イギリスの生活情報誌「ミスターパートナー」の編集長であり、作家の井形慶子さんです。

f0207537_1254869.jpg


家賃一万円の納屋で暮らした大学時代。
大学に通うために上京したとき、神奈川県の家賃一万円のネズミが走る農家の納屋に住んでいた。当時、親からの仕送りは月5万円。大学生活を送るうちに、日本の学生生活に疑問を持った。そして19才のとき、世界の若者とキャンプ旅行をしようと思い立って行ったのがイギリスとの出会い。古い、遺跡のような街の中で実際に人々が暮らしている様子を見て、たくさんの感動があった。


f0207537_1255629.jpg♪「水のうた、森のねむりウォン・ウィンツァン
アルバム「九寨溝」より。
ファンの方からいただいた曲。今年になって、長年憧れだったイギリスにようやく家を買える状況になった。イギリスの不動産業者や弁護士さんと電話で打ち合わせしている時期、ずっとBGMとして流れていたのがこの曲。自分の夢に向かって前進できていることを実感できるという思いと重なり合う曲です。


まだ赤ちゃんの娘と二人、無一文でイギリスへ。
フリーの編集者として夢をつかみたい。そんな思いから、25才の時に離婚。しかし、子供の保育園への送り迎えなどで時間が制限され、編集者としての仕事はどんどん減っていった。そんな暮らしを振り払いたい一心で、出版社に「女一人、赤ちゃんを連れて海外旅行ができるのか」という企画を持ち込んで、無一文でイギリスへ渡った。

顔中ピアスだらけの青年が赤ちゃんの娘に
      「君はきっと素敵なレディになるね」

お金がなかったので朝食で出たパンをハイドパークで食べたり、雨の日には、無料の大英博物館で雨宿りしながら、遺跡を見たりして過ごした。淋しかったが、ベビーカーを押して駅の階段のところに行くと「May I help you」と言って、いろいろな人が手を貸してくれた。ある日、300円くらいの洋服を娘に買ってあげたとき、顔中ピアスだらけの青年が、跪いて娘に洋服を手渡し「君のママは君のためにこんな素敵なドレスを買ってくれたんだよ。だから君はきっと素敵なレディになるね」と言ってくれた。人が積極的に人に関わっていく社会。そんな文化に触れて雷に打たれたようなショックをうけた。それが今の礎になっていると思う。
イギリスは人を受け入れることに慣れている。適度な距離感を保ちつつ、お互いの価値や文化を認める。古いものにこそ価値がある、他と違うことが素晴らしいと感じさせてくれる。


f0207537_12555575.jpg♪「嵐が丘のテーマ」坂本龍一
映画「嵐が丘」サウンドトラック
嵐が丘の舞台「ハワース」は雑誌でも特集した大好きな場所。雑誌の企画で、イギリス貴族の館から実際のイギリスのお宅のクローゼットの中まで、全部見せるツアーをやっているが、嵐が丘のウォーキングもツアーに組み込まれている。あの幽玄な世界が大好き。



片言英語でも、何を成し遂げるかが大切。
最新著書「英語のおかげ」は、いままで片言英語でも十分やってこられたという人生の軌跡を書いた本。流暢に英語を話すことよりも、英語を使って何を成し遂げたかが大切。片言でも目的を達成できればよい。言葉は伝えようと思う気持ちが大事。


f0207537_12563596.jpg♪「シルクロードのテーマ曲喜太郎
NHK「シルクロード・オリジナルサウンドトラック」
ずっとシルクロードに行きたいと思っていたが、40代後半になって、ようやく実現できた。これからも自分がしたいと思っていることをどんどん実現していきたい。これからの人生は自分のためと、何かフィードバックするために生きたい。ロンドンに住むこともその一つ。今は第二の人生の土台作りをはじめてもいいかな。



大切にしている言葉 "今日を生きる"

未来を考えずに、今日と明日を生きる。今日できないことは、明日もできない。夢は今日に全て押し込めて、夢の先延ばしも、きついことの先延ばしもしない。人生一回きりですから!

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

若いころから、生き方に一貫したテーマを持っている井形慶子さん。
ずっとお茶をしていたくなるような、ゆっくりとした時間を感じました063.gif

[PR]

by crossroadmidori | 2009-11-13 22:43 | 2009.11.13(井形慶子)

中島誠之助さん(古美術鑑定家)   

今週のゲストは、テレビの「開運!なんでも鑑定団」でおなじみの中島誠之助さんです。テレビで拝見する和服ではなく、茶のジャケットでスタジオへ。ベルト、靴、バッグまでコーディネートにとても気を遣ってらして、普段着もとてもダンディです。

f0207537_19142050.jpg

品物の鑑定は一瞬。
10年前に古美術商の現役を退いても、講演活動、有田焼・伊万里焼などの商品チェック、山歩き、エッセイストとしての執筆活動と、多忙な日々が続きます。
「開運!なんでも鑑定団」は現在16年目。「出品された品物を鑑定するのは一瞬。プロの世界では、話を聞けば品物を見た方がよいかどうかわかる」のだそうですが、テレビの場合は、なぜそれが偽物なのかを、30秒から1分の短いコメントでまとめなければならない。そこが古美術商とは違う新しい苦労。たまに間違えることがあると、放映中にFAXが送られてくるので、放送の仕事はとても緊張する。



f0207537_19245321.jpg
ロックフェラーの天使の羽辻井伸行
デビューアルバム「debut」より。流れるような澄んだメロディに心が洗われるような曲。辻井さんはこの曲を小学校6年の時に作曲されたという。演奏旅行でN.Y.を訪れたときに、雪の降る中、天使の羽根のオブジェを触ることができて、その時の気持ちを曲にしたそうです。



良い物しか扱わないから在庫がない。
子供の頃、古美術商だったおじさんのもとに養子に入ったことが、古美術商になるきっかけ。ところがおじは店を構えているわけでもなく、身の回りに在庫がまったく置かれていなかった。それが不思議で、ある日おじに「なぜ古美術商なのに商品がないのか」をきいてみたら、「良いものしか扱わないから在庫がない。朝仕入れると夕方には売れてしまう。物がないのが本当の目利きなんだ。」と言われた。このとき目から鱗が落ちた。おじのもとには、「中島さんが仕入れた物なら間違いないからすぐに買う」と言ってくれるお客さんが大勢いらっしゃった。
人はいろいろな才能を持っているが、古美術の世界に入ったのは、それが身近にあったから。「仕事は、そこにある物に飛び乗ることが大切。」最初は古美術商としてやっていけるかどうか不安だったが、それは誰でも同じように不安なのだと思う。


f0207537_19311439.jpg
つぐない♪ テレサ・テン
1984年の全日本有線放送大賞、日本有線大賞などを受賞した大ヒット曲。透き通ったロマンティックな歌声と情感溢れる歌詞は日本中を魅了しました。




f0207537_19174925.jpg


本物はスッと体の中に入ってくる。
人からよく、「本物を見極めるにはどうすればよいですか」ということを聞かれるが、実は偽物を見るようになったのはテレビの仕事を始めてから。それまでは本物しか見せてもらえなかった。良い物、本物を見ることでしか、本物を見極める力はつかない。「それが本物であれば、スッと体の中に入ってくる」。古美術とは隠微なもの。生産の利くものは、本物か偽物かという立脚点に立つことはない。しかし、古美術のように生産に利かないものは、相手の言うことを信じてはいけない。だからものが分かるようになる。


f0207537_1932327.jpg
♪碧空♪ マランド楽団
マランド楽団はオランダで始動したタンゴ楽団。1935年、マランドことマリー・アースランドによって結成され、46年から本格的な演奏活動を開始。「オレ・グァッパ」「星降る宵」「グワピータ」など、多数の名曲を生み出し、タンゴのみならずポップスの世界でも人気を博しています。来日経験も豊富で、日本でも確固たる支持を得ています。


今でも、次から次へとやりたいことがある。古希の一年間で俳句を一千句作った。それを今推稿しているところ。次は何に挑戦されるのでしょうか?


☆☆☆☆☆   ☆☆☆☆☆   ☆☆☆☆☆

大切にしている言葉:
「プロは間違っちゃいけない。命がけでやる。」

名言の中島さん。今日もたくさん良いお話をお聞かせ頂きましたが、最後はとっても哲学的で、頭の中がこんがらがってしまいました。「本物しか見ていないから本物が分かる」とおっしゃる中島さん。ご自身もとてもオシャレな本物の紳士でした。
[PR]

by crossroadmidori | 2009-11-06 20:19 | 2009.11.06(中島誠之助)