タグ:コンシェルジュ ( 1 ) タグの人気記事   

前田佳子   

今週のゲストは、伝説のコンシェルジュと呼ばれる前田佳子さん。2007年には「伝説コンシェルジュが明かすプレミアムなおもてなし」と言う本も出版されています。

f0207537_19171353.jpg


現在の活動は?
いまは会員制の検診システムを行っている株式会社ハイメディックのサービス向上のためのプロジェクトに参画されています。
主に前田さんが担当されているのは「医療とおもてなしの融合」。お客様の健康維持や病気の早期発見・治療をしていただき、より豊かな人生を楽しんでいただくためのメンタル的なサポートをされています。
私もそうですが、人間ドックや検査っていうだけで多くの方が拒否反応を示されるかと思いますが、前田さんのような優しそうな方がいらっしゃるとほっとしますよね。

個人的な活動もされていらっしゃる?
次世代の「おもてなし」を考えるKOKKO'M(コッコム)の会を運営されています。
Kは心、Oは音(音楽)、Kは口から入るものと出るもの、Kは絆、Oはおもてなし、そして最後のMは発起人前田さんのイニシャルです。前田さんが人が人生を楽しく謳歌していくためには何が必要なのか考えた時に出てきた言葉で、同じ考えを持っている人たちと、今の時代にどうすれば自分や自分に関わってくださるみなさんが気持ち良く日々過ごせていけるのかを考える会です。

■David Gates ♪ Goodbye Girl ♪
映画「Goodbye Girl」のサウンドトラック。前田さんにとって、とても心暖まる癒される映画・音楽だそうです。

コンシェルジュをはじめたきっかけは?
私にとってコンシェルジュと言えばホテルのイメージ。でも前田さんはパイロットになりたかったようです。その当時は女性のパイロットはいなくて、日本航空に問い合わせてもパイロットは無理というお返事。その時に飛行機が好きだったらスチュワーデス(現キャビンアテンダント)を進められ試験を受けたのですが最終の耳の検査で落ちてしまい、同時に受けていた大阪の東急ホテルズに採用され入社しました。その時は主にフロント業務を担当。その後、お父様の体調がすぐれずホテルを一旦退社され、ヒルトンホテルで復帰されVIPやメンバーの対応をされています。コンシェルジュの肩書きでお仕事をされたのは、その後に転職されたザ リッツカールトン大阪です。

コンシェルジュのお仕事って?
私のイメージするコンシェルジュって、すごく幅広いお仕事で何でも聞いていいところ。これが仕事と決まってないから、準備だとか心構えがとても大変だと思っています。
そのことについて前田さんは「これもお客様から学ばせていただくことも多いんですね。なので、あまり私個人は好きじゃない言葉なんですけど、よろず承り係といいまして、なんでもお客様が言ってお越しになられたものをお聞きして、そのものがかなうようにお手伝いをさせていたくパーソナルセクレタリィみたいなものなんです。なので準備というのは世の中の動向がとうなっているかとか、新しいく出来たレストランがどこにあるのかですとか、ありとあらゆる雑学と言うと言葉が乱暴ですけど、そう言ったものも全部。広く浅くと言うか、とりあえず全部。といいましてもなかなか全部にはなっていないのですけどね。毎日がやっぱり勉強と言うか。」と笑顔でおっしっていました。

■Lionel Robinson ♪Dancing in the Midnight Sun♪
前田さんの好きな曲のひとつ。聞いていると自然と身体が踊りだすそうです。

これからやりたいこと、チャレンジされたいことは?
前田さんは言うのもはずかしいんですけどと前置きをされて
「いまはハイメディックのお仕事、ほんとにお客様、約6000人くらいお客様、私どもお迎えしているのですけど、その方々の心も身体も、より豊かになっていただけるような、そしてやつぱり社員がここの会社に来てよかった、やめたくないなあって思えるような会社づくりをもう一度、みんなでやりたい。いまもみんな楽しくやっているのですが、さらに、やめたくないやめたくないって言ってくれるくらいの会社にして、そういう心でつながりあうような、お客様ともですね。そういうものに会社の組織をみんなでもう一度やって、そして自分も幸せになりたいなぁっていうのがひとつと。
あとは、いまやはり経済うんぬんというのがありますけども、お金ではなくて、お金で買えるものは一杯あるとは思うんですが、人が人として生まれてから一番本当に大事なものが、やっぱり、こころ、魂であったり、そういう本当に私の中では悪い人間はいないと思っていましてね。やはり生きていく中でのいろんな傷つけられたりとか辛い経験の中から今が出来て、それが最終的に経済的なことにも。いろんな総合的にそんなことになってきているんですけど、これからはお金ではなくて、こころをもっと重要視して、昔のよりよい経済途上国にあった日本のいいところがもっと蘇るような、そういう活動っていうんでしょうか、抽象的で申し訳ないんですが、そういったものはやりたいなと。そのためにKOKKO'Mの会っていうのは立ち上げた。そういう経緯もあるんですね。」
お互いにおもてなしの心を持てば、そこから生まれるものもありますよね。

☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


大切にしている言葉  “おもいやり”
単純な言葉ですが、前田さんにとっては深いこと。全部がおもいやりではないですが、思いやりで解決することも多いのではないか。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-06-18 18:36 | 2010.06.18(前田佳子)