タグ:スープ ( 2 ) タグの人気記事   

遠山 正道(株式会社スマイルズ 代表取締役社長)   

今週のゲストも先週に引き続き株式会社スマイルズの代表取締役社長 遠山 正道さん。

いま、遠山さんが力を入れているのは?
一般的にリサイクルショップと言えば、不要品を買取って手直しして売るイメージだと思うのですが、
「出品者の方が顔写真とお名前とプロファイルを出して、物のストーリーを添えて出して頂くと言うものなんです。ベルギーに行った時に買ってきた壷なんだけど、いまのインテリアには合わなくなったとか。」
俳優さんや歌手の方など、いろんなジャンルの方が出されたものにはプレミアムがついたりしますよね。
「著名人の方にもいろいろ出していただいていますし、そうじゃない方ももちろんいらっしゃるんですけども、そう言う物のストーリーを添えてって事と、実際にはアンティックも言ってみればリサイクルのひとつなので、全体の1/3ぐらいは海外で買い付けてきてるアンティック物なんですね。だいたいバイヤーがいまはほぼ毎月1度はアメリカとかヨーロッパとかから買い付けてきてまして、いまは店は丸の内と表参道ヒルズにあるんですけれども、入っていただくと、一見するとアンティックショップと言うか、私が言うのはなんですが、上質な空間みたいな世界なんです。」

えっ、リサイクルショップなの?って思いますよね。

「そう言う所に個人から出品いただいた物がまぎれているんですね。だから全体感として、そう言う意味で言うと、わりと大事にされている物を出していただいた時にですね、われわれが出来ることは、いい場所で、インテリアも片山正通さんと言う売れっ子のデザイナーの方なんですけど、片山さんのインテリアで、ディスプレイも非常にこだわっていまして、物をお預かりして最大限魅力的にお店をお見せして、古いいい物ともまぜながら見せていくんですね。」

探す楽しみがあって、端から端まで見てしまいそうですよね。

「そのギャップと言うのかな、リサイクルショップと聞きながら行くと、えっ、いい心にどんと触れていただいて、かつ、いろんなものが沢山溢れていますから、まさに宝探しと言うかですね。全て一点物ですから見てて飽きないと言うかですね。」

■カジノロワイヤル サウンドトラック♪ カジノロワイヤル メインタイトル ♪

企業とのタイアップ?
「企業からもご協力をいただいていて、例えばDEAN & DELUCAさんって言う人気のショップですけど、そこのトートバック、これもすごく人気なんですが、それのB品、ちょっと版がずれてるとか、それをお預かりして、そこにうちのオリジナルのデザインをほどこしてダブルネームで売っているんですね。」

それって、かえってプレミアですよね。

「われわれプロパー越えなんて言っているんですけど、もともとのプロパーよりも、より良い物、面白い物にしていこうと、リメイクとか、そう言う物もですね。あとユナイテッドアローズさんなんかも、傷物って言うのかな、ちょっとほつれがあるとか、そう言う事だけで販売の対象にならない物ってのが沢山あって、実際にはほんと全然ダメージのないものがあるんですよ。それをお預かりして安くご提供したりだとか。それから古い瀬戸の食器なんだけど、それもB品って言って、ちょっとはがれちゃったりとか、そう言う物にうちのオリジナルデザインをして販売したりだとか。」

ただでは出さないところがミソですよね。そこに付加価値が付くのですものね。

さらに将来の夢は?
「なんかコミュニティみたいなものはつくりたいですね。どっか地方でビレッジって言うのかなぁ。いい仲間が集まって来て、そこでもともとある技術だとか、そこで生産しているものとかを合わせながら、われわれ都会だと、どうしてもせわしなくなったり、この間、あるファッションショー、東京でいつもやってる、那須でやったのがあってですね。那須でやった時、ひつじが百頭出て来たりとかですね。東京じゃあり得ない訳ですよね。そう言う、景色にしても空気にしても、水にしても、東京ではあり得ないものが地方ではあり得る訳ので。そこに東京ならではのものも入れ込んでいったりとかね。そうしながら、何か新しいコミュニティみたいなものができたらなぁと。」

■サンタナ ♪ サンバパティック ♪

いまの女性に対して?
「私はスープ ストック トーキョーって言うのをやっていると、社員が130人でアルバイトさんが1000人くらいいるんですけど、アルバイトさんで言うと9割以上が女性なんですね。あと私のデスクの周りも女性が多くてですね。そう言う意味で言うと女性だからどうのって言う、差があまりないって言うか。この間も電通さんに仕事で行ったんですけども、その時、ふっと気が付くと、われわれ、PRが女性、商品開発が女性、もうひとり女性がいて、あと、メーカーさんも出てきて、その人も女性で、10人くらいの打合せだったんだけど、男子は私ひとりだけで。そう言うのに気が付くと、意外に全然、その差っていうのが無くて、三菱商事だと、そうはなんないですね。でもいまやわれわれは全然普通ので。まぁ、だから楽しく、いろいろなアイデアを出しながら進めてますから、むしろ男だけでね、なんか会議室でやっていても不気味ですよね。」

☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


大切にしている言葉  “公私同根”
遠山さんの造語。公も私も根っ子は一緒。個人のワクワクする気持ちとか、エネルギーみたいなものと、ビジネスのスキームだとか、そう言うことって、別に相反するものじゃなくて、別の物じゃなくて、うまく合わせながら新しいビジネスのスタートになればと思っているそうです。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-08-13 18:19 | 2010.08.13(遠山正道)

遠山 正道(株式会社スマイルズ 代表取締役社長)   

今週のゲストは、スープ専門店「スープストックトーキョー」「トーキョールー」、ネクタイブランド「giraffe」、全く新しいコンセプトのリサイクルショップ「PASS THE BATON」を展開する株式会社スマイルズの代表取締役社長 遠山 正道さん。

f0207537_171261.jpg


現在の遠山さんの活動は?
「スープは、もう、始めて10年たつので、うまくまわってきているというか、会社そのものもマネージメントは副社長が得意ですし、人事は人事部長みたいな感じで、スープもスープストックの営業部長が頑張ってくれているので、私はPASS THE BATONと言う新しいリサイクルショップが去年の9月にオープンしまして、だから、そっちにかかる時間の方が多いかな。」

スープをつくっている会社が
リサイクルショップを始めたのはなぜ?

「もともと、スマイルズと言う会社なんですけども、株式会社スープストックトーキョーではなくて。企業理念が生活価値の拡充っていう理念なんですけども。もともと食だけのつもりではなかったので。Giraffeと言うネクタイのブランドがあるんですけども、これは実はスープをやる前の今から15年ぐらい前に私が三菱商事のサラリーマンだったんですけれども、なんかサラリーマンってかっこ悪いなぁって言う思いがあってですね。だけど、本当はね、サラリーマンの仕事がないと、今ここにいる、このテーブルとか飲んでるお茶とか、なんにしてもまわっていかないのに、だけれどもサラリーマンって自虐的だったりとか、認められなかったりするので、もっと自分たちも自信を持って一歩前に出るような風になりたいなぁと思って、まずは自分で自分の首をぐっと締めるって意味でネクタイのブランドをやろうと。」

遠山さんの発想って、なんだか洒落みたい?
「洒落れって言うよりね。もうちょっと高い理想かなぁ。ちなみに私、その時、三菱商事の情報産業部門のサラリーマンだったんですよ。だからアパレルも関係ないですし、だけど、なんかビジネスマンがもっと元気になるって意味で、ネクタイブランドを当時の上司に提案して、まあ、それにりに面白いじゃないかとは言っていただきながら、現実的にはね。なかなか、すぐには進まなくて、スープを始めて5年目くらいにも、当時の三菱商事の外食のユニットの部長にも提案したんですけ、外食の会社ですから、なんでネクタイかねぇみたいな感じて、それもうまくいかなくて、その時、個人で始めたんですね。当時まだ三菱商事のサラリーマンだったので、一応、兼業禁止てのがあるから、私のかみさんに社長をやってもらって別の会社をつくった。で、ネクタイを始めたりとか。Giraffeってキリンですけども高い視点で遠くをみつめて、ひとりひとりがそうすれば世の中が良くなるだろう。そう言う想いなんですね。」
人の生き方、生活の全般、一見、スープやネクタイ、リサイクルなど、多角的に見えますが、人間の生活の豊かさを目指していらっしゃるんですね。

■スマイルズ社員のみなさん ♪ くださいボルシチ ♪
4年くらい前に、あるラジオ番組に3週にわたって出演する機会ががあり、毎週曲が選べたので、だったらつくっちゃおと言うことで制作されたオリジナル曲です。歌は社員の方、楽器は仲間たち、コーラスは遠山さんや遠山さんの娘さんだったり、お店でも時々かかっているそうです。

スープストックをやられるきっかけは?
「10年サラリーマンをやった時にですね。このままの延長線だと自分は満足しなさそうだなぁと思ってですね。なんかやらなきゃと思って。私、絵を描くのが好きだったので絵の個展をやりましてね。それがおかげさまで作品が全部売れたりとかあって、自分がつくって評価されると嬉しいですし、そういう手ざわり感のある事がやりたいなぁと思って。三菱商事って一次産業、原料とか、そう言うのが多いじゃないですか。だから、もっとリテールとか、そう言うのがやりたいなぁと思って、当時、ケンタッキーフライドチキンさんに出向させていただいて、スープストックの案を提案したんです。女性がひとりでスープをすすっているシーンが思い浮かんでですね。これは、なんか面白くなりそうだなぁと思って。女性がひとりで行ける店ってなかったなぁと言う思いもあったので。それで物語のようなものを書いて、プレゼンをして、じゃあやってみようかと言うことになって、1号店が99年なので、もう10年とちょっとたったと言うところでしょうか。」
その時は出向しているとは言え三菱商事の社員だったんですね。
「それで3年たって、また三菱商事へ出向から戻る時に、その時に三菱商事側で会社をつくらせてもらって、私も株を一部持って、結果的に社内ベンチャー第1号みたいなカタチになったんですね。」
それって、サラリーマンでありながらオーナーにもなったんですよね。
「当時は13%だったんですけども、2000年に会社が出来て、10年間やって、もう一昨年になるかなぁ。MBOと言ってですね。商事から株を買わせていただいて。スープ、商事もご評価している面もあるんですけど、やっぱりスケール感と言うか、全然違うので、だから株を買いたいって事を商事側に提案したら、ああ、それがちょうどいいねって事で、意外とすんなり。」

■ 大滝詠一 ♪ 恋するカレン ♪
遠山さんが大学の頃によく聞いていた曲です。

遠山さんはアーティスト?
「まぁ、アーティストて言うのは、自分でアーティストだって言えば、もう、その瞬間、誰でもなれてしまう訳でして。」
そうは言っても松任谷由実さんコンサートのステージの絵を描いたり、ニューヨークで個展を開かれている遠山さん。アーティストの面も持たれている社長って、社員にとっても、とてもユニークだと思います。
「絵を描くのもビジネスもあまり変わらない感じって言うか、想い描いたものがカタチになっていくみたいなね。絵もビジネスもスープもリサイクルも全部、私の中では違和感がないって言うか。みんな同じような。こんなの出来たらいいよなぁみたいな。」

そう言うエネルギーになっているものってなんなのでしょう?
「私は60年代生まれなんでけれども、当時、凄く世の中がキラキラしていたって言うかね。それは後から振り返ってみてとか、いわゆる60年代、ビートルズとかギャッビーとかアポロ13号とかね。なんか、そう言う時代感みたいなのが自分の中の憧れみたいなものがあって、当時、東京で生まれ育った所もですね。凄く、そう言う勢いがあったんですね。それで、なんか、そう言う、またキラキラ感をと言うかですね。それに仕事とかも、本来、人が人の為にやるものじゃないですか。だけど、なんか、政治も経済も仕組みが巨大化して、細分化されたり目的もはき違ったりして、そう言う意味で言うと、うちは人が人の為にするんで喜んでいただいたりとかね。そう言うシンプルな事をやっていて、そう言うことが非常に楽しいっていう実感をね。うちのスマイルズの五感って言う五つの言葉があるんですけども、その中に賞賛て言うのもあって、ちゃんと自分たちでつくって世の中に提案して、ご評価いただけると嬉しいじゃないですか。それの循環っていうか、つなげていければなぁ。」
[PR]

by crossroadmidori | 2010-08-06 18:05 | 2010.08.06(遠山正道)