タグ:将棋 ( 1 ) タグの人気記事   

清水市代(女流棋士)   

今週のゲストは、 女流棋士6段、女流王位・女流王将のタイトルをお持ちの清水市代さんをお迎えしました。私は将棋が全然わからないのですが、楽しいお話を伺えました。

f0207537_20563081.jpg


現在の活動は?
収録の時、清水さんは女流王位のタイトル防衛戦の真っただ中。女流王位戦は2ヶ月くらいかけて全国を転戦、1回の対局は朝8時から始まって夜の8時から9時まで、長時間に渡って続きます。5番勝負で3勝した方がタイトルにつけます。
対局には平常心・集中力が大切ですが、以外だったのが将棋は頭脳スポーツとも言われていて、凄く体力も使われます。清水さんはタイトル戦で1局で1から2キロ体重が減るそうです。一見、座っているだけに見える将棋ですが、身体の中は燃焼しているんですね。
一週間に1局あると対局は多いほうですが、作戦をたてたり、相手のことを調べたり、シュミレーションをしたり、1局のための準備は一週間以上かかるので、ほとんど毎日、将棋のことを考える生活。凄いですよね。

■モーツアルト ♪ フルート四重奏 第1番 ニ長調 K285より 第1楽章♪
清水さんはクラッシックが詳しいわけではないのですが、将棋で頭を使ってがくたくたになった時に、頭を休めるために聞いている曲です。

棋士になったきっかけは?
対局が終わった後は、身体は凄く疲れているのに、対局の事を思い出して頭が冴えてしまって眠れなくなる清水さん。
そんな大変な棋士になろうと思ったのは?
「自分の力で切り開いていけるというか、盤上、たった、凄く小さい81マスの盤上なんですけれど、その中で自分の考えがどんどん表していけますし、頭を使う事も好きだったので魅力を感じまして。」
そもそも清水さんの将棋との出会いはお父様が将棋の教室を開いて子供たちに教えていたこともあり、小さい頃にお転婆だった清水さんに落ち着きを持たせるため、礼儀作法を教えるために始めさせたことがきっかけです。
清水さんがプロ棋士になろうと思ったのが中学三年生の時です。プロを目指すには遅い年齢で、多くの皆さんは小学校低学年からプロを目指し弟子入りをし修行しているようです。
清水さんがプロを目指す事にお父さまは大反対。
お父様が反対した理由を清水さんは
「父は将棋と言うのは、やっぱり、教えた時に、将棋は人生勉強の宝庫だよって教えてくれたんですね。将棋を通じて社会に役立つ事や、たとえば集中力とか応用力、いろんな事を身に付けて欲しくて教えてくれたので、プロに入ると勝ち負けにこだわらなくてはいけないので楽しんでさせない。一生、私には楽しんで将棋をさしてもらいたかったので強く反対されましたね。」
でもお父さまの心配とは裏腹に清水さんは
「職人気質と言うか、自分の腕ひとつで切り開いていけるというか、上にまでのぼっていけるっていう世界に凄く魅力を感じてしまって、勝ち負けがはっきりつくところが逆に自分の性格にもあっていたというか。」
お父さまがプロ棋士の世界は男性社会なので女性がその中でやっていくのがどれほど大変かを説明したことに対しても
「なおさら、それで火がついちゃって、女性に向いてない世界なら、なおさらやりがいがあるじゃないって思っちゃったんですね。厳しさも知らず。」

厳しい修行時代
プロの棋士に弟子入りをする事から始まるのですが、スタートが遅かったこともあり、寝る時間を削っての修行。具体的に教えてくれる訳ではなく、技は自分で見て覚える世界。手取り足取り教えてくれたものは身に付きにくいから兄弟子たちもわざと厳しくしてくれてて、頭で覚えるのではなくて身体で覚える勉強方法。それは将棋の世界だけではなくて、マニュアルで教えられたものは、それ以上の事はできないですものね。清水さんも今では厳しくしてくれた事に、凄く感謝しているそうです。

■小田和正 ♪ダイジョウブ♪
タイトル戦で負けたばかりで身も心もズタズタになっている時に30年来の親友が「自分の想いが詰まっているから」って送ってくれた曲。心配や応援してくれる人がいるから自分も頑張れるんだなって、改めて気づいた曲。

これからやりたいことは?
一生の目標は、今よりも明日の自分が向上していたい。それから将棋は魅力的なものなので、ひとりでも多くのお子さんに知っていただきたい。清水さんはお子さんを対象にした将棋教室も開かれています。この秋にはスーパーコンピューターとの対局も控えていらっしゃいます。

☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


大切にしている言葉  “目的、立場、らしさ”
お父さまが清水さんが物心がつく頃から言われている言葉で、清水さんの核になっている言葉です。どんな時も目的と立場をしっかり考えて、自分らしさを忘れなければ正しい方向へ進んでいける。自分が苦しい時や迷った時に助けてもらっている言葉だそうです。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-06-25 18:05 | 2010.06.25(清水市代)