タグ:歌手 ( 3 ) タグの人気記事   

大橋純子(歌手)   

今週のゲストは、私が大ファンで、リクエストにお応えいただきご出演いただいた大橋純子さんです。

f0207537_17494863.jpg


現在の活動は?
大橋純子さんの主な活動はライブ。7月は、ここ数年、ジャズクラブのライブツアーを大阪、名古屋、東京でやられています。お客様はお食事をしながらリラックスして聞いていただけるので会場の雰囲気もよくやりやすいそうです。
ジャズクジャズクラブのライブは限られたスペースですから会場の雰囲気を感じられ、お客様の顔も半分くらいは見えて掛け合いもあったり、お客様との距離も近い中でのライブ。
まさに生の迫力が感じられるライブステージですね。

初めての邦楽カバーCD「テラ」
3年前にはじめて邦楽のカバーにトライをされて出されたCDが「テラ」。やってみたら面白かったから昨年には「テラ2」を出されています。
私はアレンジが、どの曲もとっても素敵だと思っていて、大橋さんの歌声に凄くマッチしていると思ってお聞きしたら、「実をいいますと、そこがポイントなんですよ。凄くこだわっていますの。そこには。」。選曲については、ある歌ってみないとわからないこともあり、カラオケBOXにスタッフと一緒に行って十数曲を歌って決めたそうです。

■大橋純子 ♪ あの日に帰りたい♪
テラ2の中から荒井由実のカバー曲。

音楽の世界に入ったきっかけは?
子供の頃から歌が好きだった大橋さん。その頃の事を大橋さんは「私は北海道は夕張市の生まれ育ちなもんですから、はっきり言って田舎です。田舎の町で歌を歌う場所と言えば、私の時代ですから学校で音楽の時間、あとは学園祭って言うか文化祭ですかね? 学芸会? 小学校の頃だと。学芸会の頃からいうと合唱団ですかね。そういうところに入って歌うしかなかったんですが、とにかく、たぶんね。人前で歌うのが好きだった。おまけに家は実家が食堂だったんですよ。それで、凄く子供の頃からませてたらしく、どうもお客さんの前でテーブルに上がって、美空ひばりさんの歌とか、いわゆる流行歌をですね。披露して10円もらっていたそうです。」
高校卒業までは夕張にいて、短大入学を機に札幌へ。そこで北大の軽音楽クラブに入って、憧れのバンド活動を開始。短大卒業後はアナウンサーを目指したのですが、就職試験で地元の放送局に落ちてしまいます。途方に暮れて考えたのが自分は歌が好きだってこと。歌を歌うことしか出来ないってこと。それから親の反対を押し切って上京しヤマハの財団でアルバイトをしながらバンド活動を続け、知り合いから紹介をされレコード会社のオーディションを受けて合格されました。

■SERGIO MENDEZ AND BRAZIL 66 ♪MAIS QUE NADA♪
この曲を聞くと中学校、高校生の頃の冬の夕張の町並みを思い出すそうです。

歌手生活36周年
歌手生活36年の人生を振り返って大橋さんは「私は出会い、非常に人との出会いで、私は運良く来て、運とつきだけでここまで来たなあって感じなんです。私の人生。一口でいいますと。」
大橋純子さんの曲って、歌って変わってきたと思いますか? の問いに大橋さんは「ヒット曲って言うのは、それぞれどの歌手の方も想い入れと同時に必ずここにはドラマがありましてね。私もたそがれマイラブなどは、最初、企画ではじまったもんですから、実は最初は歌いたくなかった。」。大橋さんは「シンプルラブ」でバンドを背負って活動を始めた。大橋さんにとっては理想的な活動をはじめたとこだった。その1年後に歌謡曲色の強い「たそがれマイラブ」の話が持ち上がり、歌謡曲のイメージを着けたくなかった。ところが皮肉にも出してみるとデビュー以来の大ヒット。大橋さんは「いま考えてみますと、そういうヒット曲の数々が私の宝となって36年目に入ったわけですから、やっぱり私にとっては、なんだかんだ言っても運がいいんだと思います。」。とおっしゃっていますが、私はすべて意味があったものだったのではと思います。

■Stevie Wonder ♪You Are The Sunshine Of My Life♪
大橋さんと同じ歳で、大好きなアーティスト。憧れであり、目標。


☆☆☆     ☆☆☆     ☆☆☆


大切にしている言葉  “ネバーギブアップ”
歌い続けて一生を終えたい。いつまでも現役を続けたい。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-07-02 18:47 | 2010.07.02(大橋純子)

加藤登紀子(歌手)   

先週に引き続き今週も加藤登紀子さんに素敵なお話をお伺いしました。
f0207537_15171697.jpg


■加藤登紀子  ♪知床旅情♪
今日のオープニング曲は加藤登紀子さんが1971年にレコード大賞歌唱賞を受賞された曲です。

歌手として、いろんな世界に飛んで行けるのが好き!
「時には昔の話を」、宮崎駿さんの映画「紅の豚」のエンディング・テーマですが、「あの日のすべては虚しいものだと、それは誰にも言えない」と言うフレーズを宮崎駿さんに気に入っていただき採用されたそうです。
登紀子さんはオリジナルの曲をつくったり歌っている時は自分がでるのだけど、歌手として、いろんな歌を歌っている時に、いろんな世界に飛んで行けるのが好きだそうです。
たとえば「紅の豚」のオープニング・テーマ「さくらんぼの実る頃」を歌っていると、いろんな人が生きた時代を自分の身体で感じられるような気がする。女の色気が漂ったりする歌は、なかなか自分のオリジナルではかけなくて、でもシャンソンを歌っている時はいろんな女になれる。だから、コンサートではオリジナルは半分くらい、後はいろんな曲を入れて構成するそうです。「紅の豚」はジーナ的なものと加藤登紀子的なものが両方クロスしたもので嬉しかったそうです。

赤い糸
私が大好きな「百万本のバラ」は登紀子さんのオリジナル曲だと思っていたのですが、ラトビアと言う国の革命歌だそうで、「さくらんぼの実る頃」も19世紀フランス市民の革命歌、「やはり、どこか、そういうものと赤い糸で自分の人生と結んでしまうところがあるのかなぁって。」そんな風に登紀子さんはおっしゃってらして、根本の想いとか、人々の沸き上がる、自然と本能的にしみ出てくるような想いを私は登紀子さんの歌から感じます。

■加藤登紀子 ♪時には昔の話を♪
スタジオジブリ 宮崎駿監督「紅の豚」のエンディング・テーマ。登紀子さんは「マダム・ジーナ」の役で声優として出演もされています。

曲づくりって、どうやって生まれてくるんですか?
日頃から登紀子さんは音楽は好きだけど、聞かないようにしている。自分の中から沸き上がってくる気持ちに身をまかせるような感じ。それって誰かの曲でない保証はない。だからいろんな曲を聞いて自分の中を他の人の曲で埋めちゃうと、その人の曲に捕われてしまうから。

■Yae  ♪あいをよる おもいをつむぐ♪
登紀子さんの次女Yaeさんの歌です。

男の子が欲しかったご主人
登紀子さんのご主人は男の子が欲しくて、女の子の名前が思いつかなかった。長女だけはご主人が名前をつけたけど、後の二人は登紀子さんが名前をつけたそうです。
ご主人が他界してから8年目、その間に5人のお孫さんが生まれたのですが、その中に男の子が二人。男の子の経験がなかった登紀子さんにとって、男の子はとっても楽しくて、男の子ってなんて困った生き物なの。何をやってもぶつけるし、棒を持って振り回すし、女の子の孫や兄弟と遊んでいてもなぎ倒すし、「男の子は生きていくのは大変」「男の子は面白い」だそうです。
ご主人が生きていてくれたらどんなによかったかなぁって思ったりするそうです。
きっとご主人も見てくれていますよね。


■加藤登紀子 ♪君が生まれたあの日♪
加藤登紀子さんの新曲。父親は子供に対して何を思うのか。ご主人をイメージしているのだけど、曲をつくっている過程で向いている相手が男の子に変わっていっている感じだそうです。
今年、45周年を迎える登紀子さんが、これから生きて行く若い人たちにエールとして送りたい曲だそうです。

話が尽きない、ずっとお話をしていたいなぁって、そんな雰囲気の登紀子さんでした。

■加藤登紀子 ♪我が人生に悔いなし♪
今日のエンディング曲は加藤登紀子さんの我が人生に悔いなしです。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-04-26 18:48 | 2010.04.23(加藤登紀子)

加藤登紀子(歌手)   

今週のゲストは、女性から見てもとっても素敵な魅力を持ってらっしゃる加藤登紀子さんを2週に渡ってお迎えしてお話をお聞きしました。
f0207537_1731681.jpg


■加藤登紀子  ♪赤い風船♪
今日のオープニング曲は加藤登紀子さんが1966年にレコード大賞新人賞を受賞された曲です。

歌手生活45周年!
歌手生活45周年を迎えられた登紀子さんもデビュー当時はまだ大学生。新聞記者の皆さんからは芸能界には向かない、1年くらいでしっぽを巻いてやめちゃうんじゃないのと言われて、5年は頑張るって言い返してた登紀子さん。
そんな登紀子さんも結婚して子供をつくったら、また新しい世界がはじまるかもしれないと思い、1972年には一度引退をされています。
でも子供が出来て復帰した時は「もう本当に歌いたくて、歌いたくて、あぁ、こんなに私って歌いたかったのかなぁ。」って実感されたそうです。
最初は歌手の道一筋で、これで一生生きるぞぉって気持ちがなかったので、45周年って言うのが不思議な感じだったそうですが、いまでは死ぬまで歌っていたいなあって気持ちで一杯だそうです。
いまは45周年のコンサートツアーと新曲が発売されるのでキャンペーンに走り回っている登紀子さんですが、「鴨川の自然王国」や「佐渡のトキの環境自然大使」など、歌手以外でも活動されていらっしゃいます。
登紀子さんは「人はとどんな仕事を持っていても半分は命する時間が必要だよね。」と思いながらやってきているそうです。

■加藤登紀子 ♪ひとり寝の子守唄♪
1969年にレコード大賞歌唱賞を受賞された曲です。

1968年は歌手として本気になるきっかけとなった年
1968年は登紀子さんが「本当に、あんたやれるの?!」って悲壮な気持ちになった年。世の中にいっぱいフォークソングが出て来た時期で、世の中が本当にいろんなことが変わったった頃だったそうです
そんな時に、新宿のアンダー・グラウンド・シアター蠍座で寺山修司さんの演出で公演をしていた浅川マキさんと出会い衝撃を受けた。以後、浅川マキさんとは大親友になったそうです。
世の中はすごく華やかな時期、それとは裏側、陰陽な関係、反社会的なものとのせめぎ合いみたいなものがあり、お二人は、その真っただ中にいたそうです。

■浅川マキ  ♪かもめ♪
寺山修司さんの書いた詞。登紀子さんは寺山修司さんとも親好が深かったそうです。

若者が威張っていた時代、未知なるものに向かって何か創っていた時代。
若者が寺山修司さんのような権威がある人に対しても「なに、このへんなおっさん」みたいに、ビクビクせずに接することが出来た時代。ウキウキするような気持ちやワクワクするような表現がつまらないものになってはいけないってラジオやテレビでも思っていた時代。とってもおおちゃくなことが、むしろ歓迎されていた。当時「ハプニング」と言う言葉が生まれて、何が起こるかわからないような番組演出もあったそうです。
世の中がまだ、出来上がっていなかったから自由だった。とても楽しい時代ではあったそうです。

アマチュアリズム
音楽の場合でも大作曲家がつくった曲を流行歌手が歌ってるスタイルだったけれど、今の時代を表現するには、それじゃ追いつかない。自分たちの気持ちを歌うにははまらないみたいなものがあって、新しい時代を若い人たちがどんどんつくっちゃった。いままで、出来上がってきた権威・カタチをいつもどこかで打ち破るのはアマチュア。時代でスタンダードだと言われているものから、ちょっと一歩踏み出したり、壊したりするのはアマチュアリズムで、自分はその真っただ中から出てきた歌手だと思う。その時の自分と今やろうとしていることを比べても、そんなに変わらない。45年もやったんだから大御所でしょと言われても、時代に対してなにか新しいものをつくりたいなあって思った時に、それが新しいか古いかの問題じゃなくて、専門家じゃなくてもいい。人はみんな生きているわけだから、生きていることの中から生まれてくるものであれば誰がつくってもいい。そんな気持ちで今も歌をつくっているので、アマチュアリズムの究極でいいわって思ってらっしゃるそうです。

■加藤登紀子 ♪君が生まれたあの日♪
加藤登紀子さんの新曲。

来週も引き続き加藤登紀子さんをお迎えして、素敵なお話を伺います。

■加藤登紀子 ♪百万本のバラ♪
今日のエンディング曲は加藤登紀子さんの百万本のバラです。
[PR]

by crossroadmidori | 2010-04-16 18:35 | 2010.04.16(加藤登紀子)